味波

共水うなぎ

幻の共水うなぎ

幻の共水うなぎ

共水うなぎとは、静岡県大井川町の株式会社共水が鰻本来の美味しさを第一に考えて品質研究・養殖したうなぎのこと。大井川の南アルプス伏流水で育てられた共水うなぎは天然うなぎのような甘い香りと味わいをもちつつ、さらに人間の体に良いとされるDHAやEPAを一般養殖うなぎの4~5倍含んでおります。

幻の共水うなぎ

共水うなぎの特徴

うなぎ養殖ではありえない“バーチャルな四季体験”

通常のうなぎ養殖はうなぎの稚魚から成魚になるまでの期間が半年~10ヶ月といわれています。
共水うなぎの場合は養殖池の水温の調節によって擬似的な四季を造りだし、
1年半から2年の間に四季を5巡ほど繰り返して成魚へ育てています。

エサは人間も食べることができる最高級の“スケソウダラの魚粉”

飼育に欠かせないエサには国内最高級のホワイトミールを使用。
徹底した水質管理や魚体管理により、薬品に頼らない飼育にも心がけております。

ミネラルを豊富に含む大井川の伏流水

うなぎに一番大切なものはやはり水。南アルプスを源流とする大井川の伏流水はミネラルが豊富で、
地下125mの井戸から自噴するこの天然水で共水うなぎは飼育しております。
うなぎにストレスを与えないために養殖池に入れるうなぎの量は通常の半分に抑えてあります。

これらの生産者の努力により、天然うなぎにしかない甘い香りと味を、養殖うなぎで唯一持たせることができたといわれております。

味波豊国店で食べられる共水うなぎ

共水うなぎのひつまぶし(肝焼き付き) 3,600円
共水うなぎの釜飯(肝焼き付き) 3,600円
共水うなぎの丼(肝焼き付き) 3,600円
共水うなぎの長焼き(肝焼き付き) 3,500円
共水うなぎの白焼き(肝焼き付き) 3,500円

幻の共水うなぎ

ともに人気メニューの「ひつまぶし」と「うなぎ釜飯」。
同じ食材を使用していますが、まったく異なる味わいのうなぎ料理です。

うなぎひつまぶし
うなぎひつまぶし

うなぎの焼き立ての状態でしか味わえないパリパリ感や香ばしさを楽しんでいただけます。
焼き立てのうなぎを細かく刻み、檜のお櫃に綺麗に並べ敷き詰めていきます。 ご飯にはうなぎのたれが軽く絡むだけなので、さっぱりと楽しんでいただけます。

うなぎ釜飯
うなぎ釜飯

釜で蒸されたうなぎが柔らかく、口当たりが非常になめらかなうなぎ釜飯。
小さなお釜でうなぎのたれとともにご飯を炊き込むため、お米の芯にまでたれが染み渡ります。 たれがしっかり染み込んだ「おこげ」とともに、柔らかなうなぎをお召上がりください。